箸についてのマナー

箸がきちんと持てると、とても素敵に見えますよね。

日本料理では、この箸の扱い方で、その人のマナーの良し悪しがわかってしまいますので気をつけましょう。

まず、箸を取り上げるときは、中央を右手の親指と人差し指と中指の三本でつまみあげます。

次に、左手の、同じように三本の指でやや左側を下から支えます。

右手を右の端まですべらせて、箸の下にすべりこませ、しっかりと箸を持ちます。

難しそうに思えるかもしれませんが、一連の動作としてやってみると、スマートにできるものですよ。

箸の扱いには、いろいろなタブーがあります。

箸をなめる「ねぶり箸」、箸から汁をたらす「涙箸」、料理を突き刺す「刺し箸」、
料理を箸でかき混ぜる「さぐり箸」、箸で器を自分のほうに寄せる「寄せ箸」、器に口をつけて料理をかきこむ「かき箸」などです。

どれも大変見苦しいので、普段から家庭でも気をつけることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です