立食パーティーでの取り皿、フォーク、グラスの持ち方

立食パーティーで、料理をとる場合は、まず始めに、取り皿とフォークを手にとります。

先に取り皿を手にのせ、その上にフォークを横にして乗せます。

このとき、フォークの先が左側になるように置き、左手の親指でフォークの柄の部分を押さえます。

こうすると、右手があくので、料理がスマートに取れます。

よくお皿の下にフォークをはさんでいる人を見かけますが、これは、見た目もよくありませんし、フォークを落とす危険もあるのでおすすめできません。

また、飲み物のグラスは、紙ナプキンと一緒に渡されますので、そのまま持ちます。

料理は左手、グラスは右手というのが一般的です。

人と歓談するときは、グラスだけを持つようにして、料理のお皿は、一旦、小テーブルに置いておくとよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です