日本料理の器での合図について

西洋料理の場合は、ナイフとフォークの置く位置や置き方で、いろいろな合図ができますが、日本料理の場合には、器の位置などで合図をします。

もうそれ以上食べないのに、料理が器に残っていると、お店の人は、なかなか下げてくれません。

そんな時には、器をお膳の外に出します。

すると、たとえ料理が残っていても下げて欲しい合図だと気づいてもらえます。

また、食べ終わった器も、お膳の右上のほうに出しておくと、下げてくれます。

このとき、注意することは、決して器を重ねないということです。

高級店になればなるほど、器も高級なものを使っていますので、傷がついたりすると困ります。

お店の人もこの点はとても注意しているはずなので、よかれと思ってしたことがかえって迷惑なことになりかねませんので、気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です