中華料理でのマナーについて

中華料理の場合は、円卓に数人が座り、ターンテーブルの上に乗った大皿の料理をそれぞれ取り分けながらいただきます。

ターンテーブルの場合、上座はどこか悩みますが、やはり、入り口から一番遠くが上座になります。

そして料理は必ず、主賓が先にとります。

そして左回りで次の席の人が料理をとっていきます。

新しい料理がきたときも、主賓が先にとれるように、ターンテーブルを回します。

ターンテーブルを急に回したりするのは、タブーですので、まわす時には、同席者の様子をよく見てから回しましょう。

席を立って料理をとったり、他の人の分もとってあげたりするのは、マナー違反です。

取り皿は、何枚使ってもよいので、一枚のお皿に違う種類の料理を乗せてはいけません。それぞれ違うお皿を使いましょう。

また、麺類を食べるときは、れんげを使って、一度れんげに麺をのせてから、口に運ぶと汁などがはねにくくなるので、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です