パンについてのマナー

フランス料理では、アミューグルといわれるつきだしのようなもののあとに出てくるのがパンです。

人数分をまとめてバスケットに入れてあるお店や、一人分ずつお皿に乗せてあるお店などさまざまです。

パンを食べ始めるタイミングに悩む人もいるようですが、実は、いつでもよいのです。

もちろん出されてすぐに食べても何も問題はありません。

パンの種類もいろいろありますが、いずれの場合も、パンを一口大にちぎって、少しずつ食べるのがマナーです。だいたいメインディッシュの終わりごろを目安に食べ終わるとよいでしょう。

たまに残ったソースにパンをつけて食べている人がいますが、それは、正式にはマナー違反です。

どうしても残ったソースを食べたいときは、パンをちぎってお皿に乗せ、フォークでさして食べれば問題ありません。

また、飛び散ったパンくずは、自分で片付ける必要はありませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です