スープに関するマナーについて

スープをいただくときは、スプーンを手前から向こうに向けてすくうのが一般的です。

スープが少なくなってきて、すくいにくくなったら、お皿の手前を持ち上げて向こう側に寄せてすくうとよいでしょう。

くれぐれもズルズルと音をたてるのはタブーです。

飲み終わった後のスプーンは、お皿にスペースがある場合は、そこに置きますが、ないときは、スープボールの中にそのまま入れておいても大丈夫です。

また、持ち手がついたカップの場合には、両手で持ち上げて直接、口をつけて飲んでもかまいません。

スプーンがついていることもありますが、それは、中の具をいただくときに使いましょう。食べにくそうなパイ包みのスープは、左手をスープの受け皿に添えて、右手のスプーンでパイの真ん中に穴をあけます。

中のスープに少しずつパイを落としながら、パイとスープを一緒にいただきます。

一度に落とさず、少しずつ落としながら食べるのがスマートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です