お吸い物碗の扱い方

日本料理には、お吸い物はつきものです。

前菜の次は、たいていお吸い物が出てきます。

まず、蓋の開け方ですが、左手を碗の縁にかけ、押さえながら、右手で蓋をとります。

ゆっくりとしずくが飛ばないようにあけましょう。

上等な漆塗りの碗だとないのですが、ときどき蓋がくっついてあけにくい場合があります。

そんなときは、押さえている左手に力を入れて、はさみこむようにすると簡単にあきます。

とった蓋は、お膳の外に、テーブルならテーブルの上に、畳なら畳の上に、必ず、右側に仰向けにして置きます。

碗を持ち上げるときは、右手で持ってから、左手の四本の指に碗の糸底を乗せて、親指を碗の縁に軽く添えます。

このとき、四本の指は、そろえておくと、とても美しく見えますよ。

いただく時は、くれぐれも音をたてないように気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です